メインイメージ画像

コンタクトレンズは通販で激安購入できます

眼鏡と違って、他人から見て裸眼との違いが判らず、印象を変えずにおしゃれを楽しむことができて、ずれることを気にせずスポーツを楽しむことができるといった点から、コンタクトレンズは若い世代を中心に人気を集めています。最近では、カラーコンタクトレンズの普及により、視力が悪くない人でもコンタクトレンズを着用することも多くあり、コンタクトレンズユーザーは年々増えています。コンタクトレンズの価格もメーカーの努力によって抑えられ、わざわざ眼科に行かなくても、ドラッグストアや量販店などで購入することができるようになったという点も、コンタクトレンズユーザーが増えている一因といえます。

コンタクトレンズには大きくわけて2種類あります。まず1つ目がハードタイプのコンタクトレンズです。一般にハードコンタクトレンズと呼ばれるものですが、レンズが小さく厚みがあるのが特徴です。付けた時に多少の違和感がある人もいますが、長い期間着用しつづけることができるため、経済的負担を抑えることができます。傷が入ってもすぐに気づくことができるため、目を傷つけることも少なく、安全性も高いといえます。また乱視がひどい人にとっても、乱視用のハードコンタクトレンズは矯正力が強いのでおすすめです。もう1つがソフトタイプのコンタクトレンズです。通常ソフトコンタクトレンズと呼ばれるものですが、ハードコンタクトレンズと比べてサイズは一回り大きく、角膜全体を覆います。かなり薄いレンズのため、着用時の違和感が少なく、初心者に特におすすめです。また激しいスポーツをするときなど、レンズがずれにくいというメリットもあります。しかしソフトタイプのコンタクトレンズの多くが使い捨てです。経済的負担は大きくなりますが、定められた期間以上に使用すると、コンタクトレンズの細かな傷や、付着したたんぱく質から雑菌が増え、視力低下や目に関する病気をまねく可能性があるため、必ず使用期間を守るようにしましょう。カラーコンタクトレンズもこのソフトタイプです。

コンタクトレンズを使用する際には、その他にケア用品を購入する必要があります。洗浄液や保管液は、ソフトタイプのコンタクトレンズと、ハードタイプのコンタクトレンズで異なります。違うタイプのコンタクトレンズの洗浄液や保管液を使用すると、コンタクトレンズがダメになってしまう可能性があります。また水道水での洗浄は、コンタクトレンズの雑菌を増やし、目の病気を引き起こす原因になるのでしてはいけません。コンタクトレンズを保管するためには蓋つきの専用のケースを使用し、毎回保管液は交換するようにしましょう。できれば使用の都度、コンタクトレンズだけでなくケースも洗い、一度乾かしておくことをおすすめします。正しい保管方法を守らなければケースやコンタクトレンズにカビが生えてしまうこともあります。またコンタクトレンズは日々進化し、昔と比べると酸素の供給量が増えたとはいえ、裸眼と比べると目に酸素が届かず疲れやすくなっています。目の疲労は、視力低下だけでなく、肩こりや頭痛といった他の体のトラブルを起こすこともあります。コンタクトレンズを着用しているときでも使用できる目薬の点眼や、夜間や自宅にいるときなど眼鏡との併用によって、目を休める時間を多くとり負担を減らすようにしましょう。

コンタクトレンズの通販サイトでは、これらのコンタクトレンズやケア用品をかなり安く手に入れることができます。これは店舗販売の場合の人件費や、仕入れにかかる費用などを削減できる為です。激安のコンタクトレンズを購入する場合、高いものと比べると、酸素の供給率が低かったり、潤いが少なかったりといった付け心地の悪さを感じる場合もあります。これは激安販売が売りの、総合ディスカウントストアなどで購入する場合も同様です。眼科での診察が義務付けられておらず、目のトラブルやコンタクトレンズの使用は自己責任となるため、自主的に半年に1回といったペースで眼科を受診することをおすすめします。

更新情報